円盤親父の言いたい放題


by enbanclub
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ペナン物語(その8)

ある時期、アーリーちゃんファームから「NEWオーシャングリーン」としてリリースをされた頃を覚えておりますでしょうか?(いつの間にかこの品種名は消えましたが?)本日はこの事からお話を致します。
超ウルトラシークレットでありましたがそろそろ時効?なのではと思いますんで・・・

前回、書きました通リディスカス人気品種、青系ディスカスもブルーダイヤモンド、オーシャングリーン登場から数年後には色々なブリーダーも作り始め、価格も徐々に下がり始め、赤系、スポット系に移って行きました。オーシャングリーンが看板商品でありましたアーリーちゃんファームもそれ迄は価格の交渉によって買い付け金額を下げてもらう事など全く「無理無理」でありましたが、売れなくなってまいりますと「中村さんスペシャルプライス」又、それまで絶対に分けてくれなかった親サイズのオーシャングリーンも耳を疑う程の金額を言ってまいりました。特に末期になってまいりますと「投売り」状態でした。当時アーリーちゃんファームでは遅ればせながら「ルビースポットレオパードスキン」や以前より作っておりました「ルビーアレンカー」(まだこの頃はスネークスポット系は作っておりません。ベンチャイの「オリエンタルドリーム」がそろそろ誕生する頃)2系統が主なアーリーちゃんファーム赤系ディスカス、NEWファームではファーム内の90%近くが赤系ディスカスでありました。ではオーシャングリーンは?でありますが見るからに「ファームの片隅」に居る程度でありました。

a0116525_941057.jpg


アーリーちゃんNEWファーム(現在?のファーム)









「アーリーちゃんオーシャングリーンはもう止め?」
「オーシャングリーンは私の代表作だから売れなくても作って行きます」

とその当時、言っておりましたがその後数ヶ月後にはほとんどファームにはオーシャングリーンが居なくなっておりました。(投売りでかなりの個体を売ったようです)時代は更に更に赤系人気が上がり、アーリーちゃんファームにお邪魔しましてもオーシャングリーンを見るよりも赤系ディスカスの買い付けが主な目的へと変わって行きました。でもでもです・・・
アーリーちゃんと言えば「オーシャングリーン」が代名詞でありましたからお客さんの中には「アーリーちゃんのオーシャングリーンが欲しい」と・・・居なくなれば居なくなったで欲しくなるのも人情かな?
そんな頃であったと思いますアーリーちゃんに「お客さんがオーシャングリーンを欲しがっているんでオーシャングリーンを又殖やして下さい」
「実は中村さん現在ではオーシャングリーンの親(♀個体)が1匹しか居ません。他の個体は売ってしまいました」エッ!!!「ここに居るじゃん」「この個体は種親として使えません」
「この♀(オーシャングリーン)は卵は産みますが相方のオーシャングリーン♂が居ません」
「ど~するのアーリーちゃん?」「試しにオーシャングリーンのこの♀にブルーダイヤモンドの♂をクロスして採って見ましたが・・・この個体(6~7cm前後)がその子供です」

*何やらオーシャングリーンと雰囲気が違う

全盛期のオーシャングリーン幼魚の写真が手元に残っていないんで・・・
オーシャングリーン幼魚期は独特の淡いイエローボディーの上にオーシャングリーン独特のオーシャンカラーが被って発色が特徴であってブルーダイヤモンドとは同じ水槽に入れても直ぐに見分けが付く程に独特の発色でありました。「どう~するの?」

実は・・・

オーシャングリーン作り直し「NEWオーシャングリーン」!
この続きは次回に。
[PR]
by enbanclub | 2009-09-27 10:11 | 改良品種ディスカス

ペナン物語(その7)

度々ペナンに訪問をし各ブリーダーとの関係が良くなってまいりますと思わぬ情報を「ぽろっと・・・」ブリーダーが言う事があります。そのぽろっと、喋る情報には他のブリーダーの事も含まれており意外な?ブリーダーとの人間関係や各ブリーダー間の「立ち位置」も解ってまいります。中傷誹謗、妬みも含まれますが・・・
そんな「ぽろっと」某ブリーダーからの情報に「アーリーは自分でブリーディングはしていない!オーシャングリーは、アーリーちゃんの???が作っている。だから現在の場所には(当時行っていたアーリーファーム)ペアーや稚魚が居ない」と言うものでありました。(10数年前の話し)その話しを聞きましたのがペナン初訪問から半年前後、先であったと記憶をしております。ペナン初訪問後は毎月のペナン訪問時は必ず、アーリーちゃんファームに訪問をし初訪問時以降、疑問に思っていた事(何故ペアーが居ないのか?何故稚魚が居ないのか?)も中々な聞けず・・・不思議に思っておりました。

確かに!アーリーちゃんに「ペアーは居ないのか?」と聞くと「他の場所に居る」とだけ話すが、具体的に話す事も無くその第二ファーム(ペアーや稚魚が居る所)を見せてくれる事もありませんでした。その後、その事(第二ファームの事)は暗黙の了解的は雰囲気で聞く事もなく、聞いてはいけない事?のように数年が過ぎて行きました。そして時代は徐々に青系ディスカスから赤系、スポット系ディスカスへ変わるにつれペナンでも青系ディスカスの生産から赤系、スポット系ディスカスへと生産品種が変わって行きました。この頃です「ベンチャイ」「チーロック」人気が出始めたのが・・・

青系人気の頃は毎回ペナン訪問時、かなりオーシャングリーンの注文を頂き「ペナン訪問はオーシャングリーンを買うため」と言っても良い程に「売れに売れまくり」ました。ただ、上記のように人気が出始めた赤系ディスカスが当時まだアーリーちゃん苦手?時期でもあり徐々にアーリーちゃんファームへお邪魔する事も少なくなって行きました。アーリーちゃんファームに行かなくなって数年後、「アーリーちゃんはおねーちゃんクラブの経営を始めブリーダーは辞めるのでは?」との噂が流れたのもこの頃でありました。その頃「ベンチャイ人気」急上昇中。オーシャングリーンでしこたま儲けたお金を使って某ブリーダーと共同経営~~~の噂は日本におりましても聞く事がありましたね。そんなこんなで数年後「アーリーちゃんおねーちゃんクラブが失敗し再度ブリーダーをやる。NEWファームで」的な情報が入って来ました。その情報を得たのは日本に居る時でした。「次回ペナン訪問時は是非ファームにお邪魔します」と連絡を致しました。

そのNEWファームが皆さん御存知のアーリーちゃんファーム!写真を御覧下さい。

a0116525_13584138.jpg

a0116525_13594386.jpg

a0116525_1405888.jpg

a0116525_141207.jpg

a0116525_141356.jpg

a0116525_1415497.jpg

a0116525_1423931.jpg


アーリーちゃんのお話は後2回前後で終了し他のブリーダーのお話しに進みます。
[PR]
by enbanclub | 2009-09-25 14:06 | 改良品種ディスカス

ペナン物語(その6)

国によって人種、文化、常識、考え方が違う中、ディスカスを買い付ける為の交渉が大事になって来ます。初ペナン訪問以前は主な買い付けエリアは香港でありました。香港ディスカスの当時は「ディスカス工場」と呼べる程に諸々の環境が整っており、事前に大方の価格表が送られていた為に初のファームに訪問をしても比較的交渉はスムーズに行く事が出来ました。ではペナンはどうか?少数ではあるが従業員を使い管理をしているファームもありますがほとんどのファームがオーナー兼、ブリーダー又は「おとうちゃん、おかあちゃん」夫婦ファームが大半を占めます。それは現在でも同じです。某ブリーダーに代表をされるように「職人気質の頑固親父」が大半を占め、気に居られなければ塩こそ投げられませんがその後の買い付けが大変になってしまう事も度々あります。初ペナン訪問時にこんな事をアドバイスされました「決して良い個体が居ても喜んだり騒いだりしないで下さい。足元を見て個体の価格が高くなりますから」と・・・
(でも初アーリーファームでははしゃいじゃいました)
先に書きましたが香港と違いほとんどのファームでは価格表と言う物がありません。又、仮にあったとしても(10数年前の話です。現在ではかなり改善されました)

a0116525_16183115.jpg



ブリーダーAIK(ア・エー)オーナー兼ブリーダー。








「その個体は全部売れた」と言われれば同じであります。ほとんどブリーダーの言い値の世界、ショップのように水槽に「価格」が表示されている事はありません。ある程度ブリーダーと付き合い始めると大方の価格は解って来ますが機嫌を損ねると「全ての個体はキープ」もしくは出入り禁止になってしまったショップもあるやに聞いております。そんなペナンシステム?も初ペナンにお邪魔した時には全く知りませんからアーリーちゃんファーム初訪問時は「折角、ペナンくんだりまで来たのに何じゃこのおっさん・・・」と・・・

でも折角ですから売ってくれなくても今後の為に「価格」だけでも聞いて見ようと・・・
アーリーちゃん曰く「個体によって価格が違う」
私「じゃぁ~この個体の価格は?」
アーリー「匹数によって違う」「何匹、欲しいんだ?」
私「価格次第です」

*売らないと言っていたが・・・雰囲気は売ってくれそ~かな?

アーリー「このサイズなら売っても良い」(6cm前後サイズ、オーシャングリーン)
私「・・・・・・・・・・・」(しばし考える振り)
アーリー「OK、このサイズのオーシャンも」(12cm前後サイズ)
私「・・・・・・・・・・・」(黙っている)

結論から申し上げると売ってくれないと言っていたが良い個体が買えました。
以前書きましたアーリーちゃんファームと言うより「ストック場?」「ほんとのファームは?」に付いて次回は書きたいと思います。
[PR]
by enbanclub | 2009-09-23 16:22 | 改良品種ディスカス

AMAZON DISCUS MAP

事の発端は今年3月に行われました「2009ディスカスコンテスト」に併せて来日をされました山本さんを囲み行われました「懇親会」(宴会)の2次会の時でありました。2次会でありましたがかなりの方々が参加をされ某居酒屋の時、皆さんかなり酔いも廻り打ち解け盛り上がりの中、Discus Roomでお馴染み大曽根さんより「山本さぁ~~~ん(酔っ払い口調)現地の情報をもっと皆さんに紹介をしてもらえませんかぁ~~~!」
の提案からでありました。「じぇんじぇんOKですよ・・・」「じゃぁ~~~不肖、私大曽根が山本さんの情報を元にホームページで紹介をさせて頂きますm(_ _)m」って事になりました。
a0116525_17452329.jpg

ただただです!どの様に紹介をして行ったら良いか?などなど・・・その後、大曽根さん、山本さんそして私も参加をさせて頂きスカイプで綿密な打ち合わせを行いましたが!!!その後、諸々の事もあり当初予定より少々御紹介に時間がかかりましたが本日、「AMAZON DISCUS MAP」の形が出来上がりました。間もなく本格的、ワイルドシーズンであります。今期も山本さんが直接現地で撮影調査をした情報が今後「AMAZON DISCUS MAP」で紹介をされて行きます。是非、皆さん御覧下さい。大曽根さんお疲れ様でした。これからもヨロチクビ~です。
[PR]
by enbanclub | 2009-09-19 17:49 | その他

ペナン物語(その5)

オーシャングーンのルーツは?平たく言えば「オーシャングリーンは何の品種から作られたか!」って御存知でしょうか?オーシャングーン誕生以前、アーリーちゃんブリード品種メインはブリリアントターコイズ、そしてゴーストディスと聞いております。(この頃はペナン訪問前の事)ブリリアントターコイズに付いては説明不要品種と思いますんで省略、ゴーストディスカスは今から20年程前、ペナンブリーダー「スティーブン」がブリリアントターコイズから生まれた突然変異を固定し作られ出始め当初は非常に変わった発色に又、ネーミングの凄さも手伝って人気が出たディスカスでありました。(ゴーストの写真が手元に無いので皆さんネットで検索して探して下さい。)写真が無いので説明しづらい・・・
ボディーカラーは乳白色、そしてバーチカルラインが無く、顔、頭部、そしてボディーの一部と背ビレ、尻ビレエンガワ付近に淡いブルー発色が特徴でありました。小さい時はややボディーと頭部付近が黄色の為「ゴールデンゴースト」「ゴールデンヘッドゴースト」などなど色々な呼び名で呼ばれ、一時期ペナンのブリーダーはかなり作っておりました。そんなブリーダーの1人がアーリーちゃんでありました。そんなあんばいであったので「オーシャングリーンのルーツはゴースト説?」がオーシャングリーン登場初期は噂をされておりました。勿論、アーリーちゃんに直接聞いても教えてくれる訳もありません。(当時そんな事を聞いたたら怒って個体を分けてくれません)ブリリアント、ゴーストブリーダーが突然オーシャングリーンを作り、目にしたものですからかなり色々な噂が流れており、田舎町豊橋でもどこからともなくそんな噂を聞いておりました。その噂の内容ですがブリリアントにゴーストを交配しその中で生まれたゴースト似のノンバーチカル発色個体を更に交配し出来上がったと・・・アーリーちゃんと関係が非常に良くなった頃(円盤倶楽部にアーリーちゃん来店時)思い切ってアーリーちゃんに直接聞いた事がありました。

「アーリーちゃん、オーシャングリーンはゴーストの血が入ってるか?」
答えは!!!「NO~~~」
アーリーちゃん曰く「ブリリアントから突然生まれたのがオーシャングリーンです」(キッパリ)

今となれば何から出来たか?は全く持って解りませんが現在でもアーリーちゃんと言えば「オーシャングリーン」と言われる程、アーリーちゃんの代名詞にもなった品種ですね。

*今回の内容「オーシャンのルーツ」は当時の噂です。

今回も書き込み内容が大幅に脱線しちゃいましたが御許しm(_ _)m

a0116525_15301396.jpg

[PR]
by enbanclub | 2009-09-16 15:33 | その他

ペナン物語(その4)

飛行機の疲れそしてストロービール飲みの為もあってか又「勧められた物は断ってはいけない」と思い2本目のビールを飲み終える頃にはほろ酔い気分になりつつ早速、是非!ディスカスを見たい・・・
だが、小原氏が何やらアーリーちゃんともめている様子?

「中村さんアーリーちゃんが出せるディスカスは居ない・・・」

*ヘネシーをプレゼントしなかったのが原因か?

「では見るだけでもダメでしょうか?」
「聞いてみます」

その後の付き合いでアーリーちゃんとの関係が深くなる頃には非常に良い男になっておりましたが、当時は売れっ子ブリーダーペナンNO1の為であったのか?当時の印象は非常に「嫌な」「上から目線」「売ってやる」的な印象でありました。所で最近アーリーちゃん引退説が流れ耳にした方もいらっしゃるかと思います。今回のペナン行きにはその辺りも確認がしたくペナンへ行った訳であります。現段階でどの辺りまでお話しをして良いか?今までのアーリーちゃんのキャリアを傷付けるのではと思いますので今後徐々にお話をしたいと思っておりますが、現段階では「ブリーダーはとりあえず辞めました」とだけにしておきます。

折角く来たのに・・・しばらく致しますと小原氏が

「見るだけならOKです」と何とかアーリーちゃんOKをくれました。
「でも中村さん写真撮影はダメです」今風に言えば「マジッスかぁ~」

相変わらずアーリーちゃんはストロービールを飲みながらモソモソとディスカスストック場(何故ファームと書かないか?に付いては後程)に案内をされました。

小原氏から「中村さんディスカスを見る前にこちらで手を洗って下さい。手を洗ったら靴下を脱いで下さい。」

言われるままに手を洗いそして靴下を脱ぎ通された部屋?土間?には「便所下駄」が置いてありました。
「病気が入るのを防止する為です。便所下駄を履いて下さい。」との説明。
香港ディスカスファームでは全くそのような事は経験無く「コレがペナンスタイルなのか?」

土間の部屋にはズラッ~ト念願のディスカス水槽が並んでおります。当時のアーリーちゃんファーム主力は「オーシャングリーン」その他「ハイボディーレッド」「アレンカー」でありました。だがだが水槽を見ても?

a0116525_9553360.jpg


当時の写真が無い為に他の写真に「ぼかし」を入れてあります。こんな感じで水槽の水が汚く(実際はもっと汚い水槽)ディスカスのシルエットは見えますが個体個体がほとんど見えない程に超~汚い水槽でありました。
「もし写真OKが出てもこれじゃぁ~写真撮影何て無理無理・・・」
何とか個体が見たく水槽に手をかざし寄って来る個体を見ようとしましたが全く持って見えませんがでも時折個体が動いた瞬間には何とも形容し難い「オーシャンカラーの個体」が確認出来ました。そんな私の行動をフビンに?思ったのかアーリーちゃんが網を片手に覗いておりました水槽から個体を掬って見せてくれました。

「お~~~凄い凄い~~~」

掬われたネットの中には13cm前後のオーシャングリーンが数匹、ペナン訪問前5cm前後サイズのオーシャングリーンは当時お世話になっておりました「アクアマリーナ」から仕入れ見ておりましたがこのサイズはほとんど日本にも入っておらず感動の1言・・・

「凄い凄い」とはしゃいでおります私に気を良くしたのかアッチコッチの水槽から個体を掬ってくれ見せてくれたんですが「売る個体は無し」と冒頭に言われておりましたから・・・・・・・・


ささ・・・本日はココ迄です。次回は「何としても個体ゲット」を書きたいと思います。
はたして個体がゲット出来たのか???
[PR]
by enbanclub | 2009-09-12 10:20 | その他

ペナン物語(その3)

お初ペナン訪問それ以前は主に香港ファームへ訪問しておりました。香港ファームはそれこそディスカス製造工場と思える程に考えられた作りそして設備、各水槽には主に上面フィルターを使い、1日3~6回(サイズ、ファームによって異なります)の水換え、平均1ヶ月で2~3cmサイズUPが当たり前でありました。果たしてペナンファームはどうなのか?若干の知識情報があり知ってはおりましたがお初のペナン・・・
いよいよアーリーちゃんファームに到着であります。外見からは全くディスカスファームと見えない住宅街の1件、坂道の道沿いに当時のアーリーちゃんファームがありました。アーリーちゃん自宅横にはメルセデス190特別モデルが置いてあります。「流石、売れているブリーダーは違うな・・・」と・・・

お宅に訪問直ぐに目に付いた大きな鳥カゴ?小鳥小屋?非常に綺麗な全く持って種類は解りませんが綺麗な小鳥が沢山、小鳥小屋の中には乱舞しております。聞きますとアーリーちゃんの趣味との事、かなり後になり小鳥の事をアーリーちゃんに伺いますと小鳥の知識の無い私でありましたから、全く意味不明でありましたがかなり「小鳥好き」は理解出来るほど熱心に語っておりました。お初のペナンでありましたから勿論、アーリーちゃんとも会うのもお初です。しばらく致しますと写真で見た「生アーリーちゃん」が登場を致しました。何やらドリンクを飲みながらストローを咥えつつ又、少々顔も赤い・・・

a0116525_1113641.jpg


当時(お初訪問時)の写真ではありませんが、この時も若干「赤い顔」のアーリーちゃんです。







もしやそのドリンクは???「ビール!」そのビールをストローで飲んでおります(@@)
私個人的な感覚ではビールをストローで飲む感覚が無い為にペナンの人は皆、ビールをストローで飲むのか?JOY小原氏曰く「アーリーちゃんだけです」との事。ペナン出発が決まった後、同業者にペナンへ行きアーリーちゃんファームにも行く」と話した所「アーリーちゃんはすんげぇ~酒が好きだからオーシャングリーンを分けてもらうにはオーシャングリーン1匹に付きヘネシーを持っていかんとアカン!」と聞いておりました。(勿論この時はヘネシーは持って行っておりません)
お初に会うのにいきなりビール!同業者から聞いた事は冗談かと思っておりましたが納得、納得。しばらくすると奥から女性がビールとストローを持って来ました。、仕方なくアーリーちゃんスタイル、ストローでビールを飲みましたがこれ程ストローでビールを飲むと酔うのか?(皆さんもお試し下さい)

強烈な初対面アーリーちゃん!この後まだまだ面白い事が・・・
続きは次回に^^
[PR]
by enbanclub | 2009-09-11 11:17 | その他

ペナン物語(その2)

現在では名古屋からはマレーシアペナン島への直行便はありませんが当時はマレーシア航空を利用すれば直行便があり現在より3時間近く早くペナンへ到着出来ました。機内よりペナン国際空港着陸から着陸後のゲート移動迄は外が明るい為、(現在はPM8時30分頃到着)外の様子を見る事も出来、初めてペナン島へ訪問時には機内より食い入るようにペナンを見て居た記憶があります。一言!「ド田舎~~~」なペナン、滑走路からゲートへ移動中、滑走路の脇の原っぱにはオオトカゲが歩いている程に国際空港とは思えない程にローカルな空港でありました。当時は・・・

a0116525_1346284.jpg






ペナンブリッジ








何もかもが初めてのペナン訪問JOY小原氏、入国後外で待っているからと約束をし現地入り致しましたが・・・結果的には何の不安も無く約束の時間、場所で小原氏と合流早速、ペナン入り早々にファームへと向かいました。ペナンと日本との時差は1時間しか無い為に全く時差ボケはありませんが少々飛行機の疲れを感じつつも気分は「早く見たいファーム」第一の目的ファームは当時青系人気品種「ブルーダイヤモンド」と人気を二分する程にあった「オーシャングリーン」アーリーちゃんファームでありました。現在(今は辞めましたが)のアーリーちゃんファーム、当時全く違う場所にファームを構えペナン空港から20~25分前後。現在JOY社長でありますエディーちゃんの運転する車に揺られ、南国独特の臭いそして風景を眺めつつ時折、小原氏の説明を聞きながらであります。

「中村さんペナンど~ですか?第一印象は」
「写真でほんの一部しか見ておりませんが凄いバイクの数ですね~~~」

ここ数年、ペナンの経済発展は凄くペナンの皆さんの生活水準も上がっておりバイクもかなり少なくなっておりますが、当時はメチャメチャバイクの数が多く又、運転モラル???何て言葉はヤボと思える凄い運転でした。

「良く事故が起きませんね?」
「いやぁ~~~ちょくちょくあります・・・まっ!こんなもんですし直ぐに慣れますよ」
「実は今運転中のエディーは元暴走族でバイク運転者の気持ちが解るからエディーに任せればOKOK」

因みにペナンへちょくちょくお邪魔して居た頃、良く事故を目撃しましたし又、元暴走族のエディーの運転中(確かベンチャイファームの帰りです)横から急に飛び出して来た車と接触事故を起こした事がありました。我々日本人の感覚でありますと「やべぇ~~~やっちゃったぁ~~~」って所でありますがエディー本人の気持ちはそうなのかも解りませんが、傍からその時の一部始終を見ておりますと???

何やら訳の解らないマレー語を話しながら相手とのやりとりもほんの3分で「保険屋」「警察」を呼ぶでも無くそん時にポケットからお金(高額では無いと思います。)を出し「解決!」
後にJOY北野氏に伺うと「ペナンではこんなもんですよ。日本では考えられない程、車の板金修理代が安いですし・・・」

*勿論、人身事故はこの限りではありません。

ささささささぁ~~~いよいよアーリーちゃんファームに到着です。
所が所がです???

この続きは次回にです。
[PR]
by enbanclub | 2009-09-10 14:17 | その他

ペナン物語

御存知の通リ2年数ヶ月前、10数年は円盤倶楽部の「売り」は改良品種ディスカスであった。
皆さん記憶にあるでしょうか?まだペナンディスカスが現在のように市民権を得る10数年前
ペナンディスカス、イコール「安かろう悪かろう」と揶揄をされたいた時代を・・・
当時の改良品種販売は主に香港の時代であってマレーシアペナン島???
と余程旅行好きの方でなければペナン島と言う名前すら知らないちっぽけな島であります。

a0116525_13385170.jpg







そんなペナン島ディスカスを有名にしたのが当時アクアマリーナな主催ディスカスコンテストからと思います。それから徐々にペナンディスカスの名前も浸透し始めて行きましたがまだまだ香港ディスカスのクオリティーにはおよばずどこのお店でも販売ディスカスの主力は香港ディスカスでありましたね。
そんな当時、円盤倶楽部も勿論時代の流れに従い販売主力は香港、WWFF、王志華、ウエイン、ジュンヨー、陳などなど当時、華やかに毎月の月間誌には紹介をされておりましたブリーダーの作るディスカスでありました。(いつの日か香港物語も書きたいと思っております)

そんなある日です。1人の日本人営業マンが円盤倶楽部に営業に来ました・・・

「私、ペナンJOYディスカスセンターからまいりました小原と言います。今回、日本の各ショップを廻り営業活動を行っておりますが、中村さんペナンディスカスは如何でしょうか?」

*現在、小原さんはJOYを退社をされております。

「ペナンディスカスですか・・・御存知の通リ当店の販売主力は香港ディスカスです。一度ペナンディスカスも扱って見たいと思いますがねぇ~~~」

そんなこんなのきっかけでその翌々月にはペナンの地に立っておりました。ここからがペナンディスカス扱いのターニングポイントになったのであります。


本当は円盤倶楽部ホームページ内「円盤ニュース」に連載書き込みと思っておりましたが円盤茶論のほうがラフに又好き勝手に書けるのかな?と思いまして本日より極力マメに書き込みを行って行きます。何から書いて行こうかな?と有り余る程にネタを持って来ました。きっと?多分色々な面でお楽しみを頂けると思っております。では本日はココ迄です!
[PR]
by enbanclub | 2009-09-09 13:51 | その他

遊び場

ペナン買い付け1週間か?10日前に電話をし久々と言う程では無いのでありますが
昨日ディスクアロー八矢さんと電話で喋りました。このおっさんは何か不思議な魅力があって、毎度たわいも無い話しではありますが腹を割って話す事が出来る業界では数少ない友人の1人であります。
買い付け、ペナンの話し(私)そして少々この場では書く事が出来ない(八矢氏)おもろい話し、いつもながら話題豊富な男であります。そんな中の話の1つに「来年、何かやりたいね?」来年の話をするには早いのでありますが何か自分自身を含めてモチベーションを上げる事「遊び場」を作らんと・・・

a0116525_12295559.jpg
ペナン帰国から1週間そろそろ「ペナン物語」を書いて行きたいと思います。
[PR]
by enbanclub | 2009-09-08 12:31 | その他