円盤親父の言いたい放題


by enbanclub
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:改良品種ディスカス( 20 )

ペナン物語(その8)

ある時期、アーリーちゃんファームから「NEWオーシャングリーン」としてリリースをされた頃を覚えておりますでしょうか?(いつの間にかこの品種名は消えましたが?)本日はこの事からお話を致します。
超ウルトラシークレットでありましたがそろそろ時効?なのではと思いますんで・・・

前回、書きました通リディスカス人気品種、青系ディスカスもブルーダイヤモンド、オーシャングリーン登場から数年後には色々なブリーダーも作り始め、価格も徐々に下がり始め、赤系、スポット系に移って行きました。オーシャングリーンが看板商品でありましたアーリーちゃんファームもそれ迄は価格の交渉によって買い付け金額を下げてもらう事など全く「無理無理」でありましたが、売れなくなってまいりますと「中村さんスペシャルプライス」又、それまで絶対に分けてくれなかった親サイズのオーシャングリーンも耳を疑う程の金額を言ってまいりました。特に末期になってまいりますと「投売り」状態でした。当時アーリーちゃんファームでは遅ればせながら「ルビースポットレオパードスキン」や以前より作っておりました「ルビーアレンカー」(まだこの頃はスネークスポット系は作っておりません。ベンチャイの「オリエンタルドリーム」がそろそろ誕生する頃)2系統が主なアーリーちゃんファーム赤系ディスカス、NEWファームではファーム内の90%近くが赤系ディスカスでありました。ではオーシャングリーンは?でありますが見るからに「ファームの片隅」に居る程度でありました。

a0116525_941057.jpg


アーリーちゃんNEWファーム(現在?のファーム)









「アーリーちゃんオーシャングリーンはもう止め?」
「オーシャングリーンは私の代表作だから売れなくても作って行きます」

とその当時、言っておりましたがその後数ヶ月後にはほとんどファームにはオーシャングリーンが居なくなっておりました。(投売りでかなりの個体を売ったようです)時代は更に更に赤系人気が上がり、アーリーちゃんファームにお邪魔しましてもオーシャングリーンを見るよりも赤系ディスカスの買い付けが主な目的へと変わって行きました。でもでもです・・・
アーリーちゃんと言えば「オーシャングリーン」が代名詞でありましたからお客さんの中には「アーリーちゃんのオーシャングリーンが欲しい」と・・・居なくなれば居なくなったで欲しくなるのも人情かな?
そんな頃であったと思いますアーリーちゃんに「お客さんがオーシャングリーンを欲しがっているんでオーシャングリーンを又殖やして下さい」
「実は中村さん現在ではオーシャングリーンの親(♀個体)が1匹しか居ません。他の個体は売ってしまいました」エッ!!!「ここに居るじゃん」「この個体は種親として使えません」
「この♀(オーシャングリーン)は卵は産みますが相方のオーシャングリーン♂が居ません」
「ど~するのアーリーちゃん?」「試しにオーシャングリーンのこの♀にブルーダイヤモンドの♂をクロスして採って見ましたが・・・この個体(6~7cm前後)がその子供です」

*何やらオーシャングリーンと雰囲気が違う

全盛期のオーシャングリーン幼魚の写真が手元に残っていないんで・・・
オーシャングリーン幼魚期は独特の淡いイエローボディーの上にオーシャングリーン独特のオーシャンカラーが被って発色が特徴であってブルーダイヤモンドとは同じ水槽に入れても直ぐに見分けが付く程に独特の発色でありました。「どう~するの?」

実は・・・

オーシャングリーン作り直し「NEWオーシャングリーン」!
この続きは次回に。
[PR]
by enbanclub | 2009-09-27 10:11 | 改良品種ディスカス

ペナン物語(その7)

度々ペナンに訪問をし各ブリーダーとの関係が良くなってまいりますと思わぬ情報を「ぽろっと・・・」ブリーダーが言う事があります。そのぽろっと、喋る情報には他のブリーダーの事も含まれており意外な?ブリーダーとの人間関係や各ブリーダー間の「立ち位置」も解ってまいります。中傷誹謗、妬みも含まれますが・・・
そんな「ぽろっと」某ブリーダーからの情報に「アーリーは自分でブリーディングはしていない!オーシャングリーは、アーリーちゃんの???が作っている。だから現在の場所には(当時行っていたアーリーファーム)ペアーや稚魚が居ない」と言うものでありました。(10数年前の話し)その話しを聞きましたのがペナン初訪問から半年前後、先であったと記憶をしております。ペナン初訪問後は毎月のペナン訪問時は必ず、アーリーちゃんファームに訪問をし初訪問時以降、疑問に思っていた事(何故ペアーが居ないのか?何故稚魚が居ないのか?)も中々な聞けず・・・不思議に思っておりました。

確かに!アーリーちゃんに「ペアーは居ないのか?」と聞くと「他の場所に居る」とだけ話すが、具体的に話す事も無くその第二ファーム(ペアーや稚魚が居る所)を見せてくれる事もありませんでした。その後、その事(第二ファームの事)は暗黙の了解的は雰囲気で聞く事もなく、聞いてはいけない事?のように数年が過ぎて行きました。そして時代は徐々に青系ディスカスから赤系、スポット系ディスカスへ変わるにつれペナンでも青系ディスカスの生産から赤系、スポット系ディスカスへと生産品種が変わって行きました。この頃です「ベンチャイ」「チーロック」人気が出始めたのが・・・

青系人気の頃は毎回ペナン訪問時、かなりオーシャングリーンの注文を頂き「ペナン訪問はオーシャングリーンを買うため」と言っても良い程に「売れに売れまくり」ました。ただ、上記のように人気が出始めた赤系ディスカスが当時まだアーリーちゃん苦手?時期でもあり徐々にアーリーちゃんファームへお邪魔する事も少なくなって行きました。アーリーちゃんファームに行かなくなって数年後、「アーリーちゃんはおねーちゃんクラブの経営を始めブリーダーは辞めるのでは?」との噂が流れたのもこの頃でありました。その頃「ベンチャイ人気」急上昇中。オーシャングリーンでしこたま儲けたお金を使って某ブリーダーと共同経営~~~の噂は日本におりましても聞く事がありましたね。そんなこんなで数年後「アーリーちゃんおねーちゃんクラブが失敗し再度ブリーダーをやる。NEWファームで」的な情報が入って来ました。その情報を得たのは日本に居る時でした。「次回ペナン訪問時は是非ファームにお邪魔します」と連絡を致しました。

そのNEWファームが皆さん御存知のアーリーちゃんファーム!写真を御覧下さい。

a0116525_13584138.jpg

a0116525_13594386.jpg

a0116525_1405888.jpg

a0116525_141207.jpg

a0116525_141356.jpg

a0116525_1415497.jpg

a0116525_1423931.jpg


アーリーちゃんのお話は後2回前後で終了し他のブリーダーのお話しに進みます。
[PR]
by enbanclub | 2009-09-25 14:06 | 改良品種ディスカス

ペナン物語(その6)

国によって人種、文化、常識、考え方が違う中、ディスカスを買い付ける為の交渉が大事になって来ます。初ペナン訪問以前は主な買い付けエリアは香港でありました。香港ディスカスの当時は「ディスカス工場」と呼べる程に諸々の環境が整っており、事前に大方の価格表が送られていた為に初のファームに訪問をしても比較的交渉はスムーズに行く事が出来ました。ではペナンはどうか?少数ではあるが従業員を使い管理をしているファームもありますがほとんどのファームがオーナー兼、ブリーダー又は「おとうちゃん、おかあちゃん」夫婦ファームが大半を占めます。それは現在でも同じです。某ブリーダーに代表をされるように「職人気質の頑固親父」が大半を占め、気に居られなければ塩こそ投げられませんがその後の買い付けが大変になってしまう事も度々あります。初ペナン訪問時にこんな事をアドバイスされました「決して良い個体が居ても喜んだり騒いだりしないで下さい。足元を見て個体の価格が高くなりますから」と・・・
(でも初アーリーファームでははしゃいじゃいました)
先に書きましたが香港と違いほとんどのファームでは価格表と言う物がありません。又、仮にあったとしても(10数年前の話です。現在ではかなり改善されました)

a0116525_16183115.jpg



ブリーダーAIK(ア・エー)オーナー兼ブリーダー。








「その個体は全部売れた」と言われれば同じであります。ほとんどブリーダーの言い値の世界、ショップのように水槽に「価格」が表示されている事はありません。ある程度ブリーダーと付き合い始めると大方の価格は解って来ますが機嫌を損ねると「全ての個体はキープ」もしくは出入り禁止になってしまったショップもあるやに聞いております。そんなペナンシステム?も初ペナンにお邪魔した時には全く知りませんからアーリーちゃんファーム初訪問時は「折角、ペナンくんだりまで来たのに何じゃこのおっさん・・・」と・・・

でも折角ですから売ってくれなくても今後の為に「価格」だけでも聞いて見ようと・・・
アーリーちゃん曰く「個体によって価格が違う」
私「じゃぁ~この個体の価格は?」
アーリー「匹数によって違う」「何匹、欲しいんだ?」
私「価格次第です」

*売らないと言っていたが・・・雰囲気は売ってくれそ~かな?

アーリー「このサイズなら売っても良い」(6cm前後サイズ、オーシャングリーン)
私「・・・・・・・・・・・」(しばし考える振り)
アーリー「OK、このサイズのオーシャンも」(12cm前後サイズ)
私「・・・・・・・・・・・」(黙っている)

結論から申し上げると売ってくれないと言っていたが良い個体が買えました。
以前書きましたアーリーちゃんファームと言うより「ストック場?」「ほんとのファームは?」に付いて次回は書きたいと思います。
[PR]
by enbanclub | 2009-09-23 16:22 | 改良品種ディスカス

転機(その14)

昨日、昼食を終え「ボケェ~ット」しておりますと1台の車が円盤駐車場に・・・
「いかぁ~んボ~ットしている場合では無い!お客さんだぁ~」と襟を正し接客モードに。

  「いらっしゃいませ~!」

円盤入り口には何やら重々しい荷物を持った2人の男が「満面の笑み」で立っております。

(お客さんではないな?どこかのセールスマンだな・・・)

「どのようなご用件でしょうか???」と言うより一足早く・・・

「円盤親父さんですよね?私、大阪からまいりました。実は是非、是非、円盤茶論で当社の商品を紹介して頂きたく今回、お邪魔を致しました。」

「御紹介をするのは構いませんが円盤茶論を御覧の皆さんは一癖も二癖もある?マニアの皆さんが多いので変てこな商品では紹介出来ません!でも折角お越しを頂きましたんでお話をまず伺います。」

そんなこんなで過去の実績データー、商品開発秘話、その他・・・忘れました^^   と色々なお話を頂ましたが!売り込みの際、自社商品は必ず「良い事」しか言いません!私、このような場合はかなり辛口で突っ込んで聞く性格であります。結論から申し上げますと「1度使ってから!」と言う事でお話しを終えました。近々に香川さんより皆さんへお伝えをしたい諸々のレポートが届きますのでその際は改めて御紹介を致します。

a0116525_12514153.jpg

株式会社 B-blast 代表取締役 香川真一さん
株式会社 B-blast  営業部   松谷慎太郎さん


さぁ~て通常でありますとココでおしまいでありますが本日はこのまま「転機」の書き込みを致します。正直な所、CR6を使っておりますブリーダー現在でもCR6の可能性?がはっきりと掴めている人は少ないのでは?と思っております。今まで書いて来ましたように主にスポットを幼魚期に発色をさせる為に使っておりましたCR6。皆さん御存知のように現在では考えられる改良品種パターンは既に出尽くしており如何に他のブリーダーが作る個体より商品価値を上げれる個体を作るか?色揚げ(ホルモン系)に頼らず改良のみで目新しい品種を作って行くには無理なのでは?と思います。以前、某月間誌コラムにも書きましたが品種名なのか商品名なのか?同じブリーダーから出荷している個体が何故、販売をする店によって名前が異なるのか?写真を御覧下さい。

a0116525_13153488.jpg写真の個体は何と思いますか?実はこの個体「スノーホワイト」です!スノーホワイトにCR6を与えますと御覧のような発色個体が現われます。(全ての個体ではありませんが)当然この発色同士の親から生まれた子供は普通のスノーホワイトしか生まれません。(注:スノーホワイトは全身真っ白な発色でありますが見る角度によって背ビレ、尻ビレ、ボディーの1部に薄っすらと青く(水色)発色します)CR6を与えただけで本来の品種発色とは別の個体が出来上がります。当然、販売名はスノーホワイトではありません。では次の写真を御覧下さい。


a0116525_1324430.jpgこの個体も一見すると「凄いスポット個体」ですね~この個体はスノーホワイトにスネークスポットを交配し得られた個体です。尻ビレ付近を御覧下さい。スポット発色が見えますね。(スネークスポットの血統の現われ)スノーホワイト系が高く売れる頃には当然CR6は使いませんでした。何故か?当時現在のように「アルビノ種」が出回る前で一見すると「アルビノ?」と見える発色がこの品種の「売り」でありましたから当然、白色に色を付ける「CR6やレッドUPハンバーグ」は与えません。でも時代は過ぎ、アルビノの登場と共に徐々に「スノーホワイト」人気に陰りが見られ安くしないと売れなくなって来ますと手持ちの品種で手軽に簡単に違う発色の個体が作れるCR6を使い始めます。因みにこのクロス(スノーホワイト X スネークスポット)より得られた個体にCR6を使わないと尻ビレ部分は若干スポットが見えますがボディーはほとんどスポットが出ません。次の写真を御覧下さい。

a0116525_13373071.jpg
初期型の「アルビノ」です。色揚げは全くしていない個体です。(CR6,レッドUPハンバーグ)アルビノ登場時は非常に高価な品種でした。では現在はどうでしょうか?かなり安くなってまいりましたね。アルビノが高く売れる頃はアルビノ発色を最大の売りにし、通常のアルビノ発色では売れなくなって来ますと、スノーホワイトと同様にCR6を使い始め・・・最近のアルビノ凄くありませんか?
[PR]
by enbanclub | 2009-07-15 13:45 | 改良品種ディスカス

転機(その13)

「ミィ~~~~~ン~~~~~~ミ~~~~~ン!」
暑さを助長するBGM?セミの鳴き声がうるさくなって来ました。
以前、旧円盤ニュースにも書きましたが寝室の横には誰が植えたか記憶に無い柿の気が我が家にはあり毎年、今頃の時期になりますと長い眠りから覚めたセミが日に日に羽化、数を増しセミの合唱で朝、目が覚めます。しばらくはセミの鳴き声で目覚める日が続きそうであります。所で所で今更この歳になりますと子供の頃のように嬉しくもありませんが本日、7月14日は私、45歳の誕生日・・・
妻からは「誕生日のプレゼントに老眼鏡でど~う・・・・」数年前でありますと「ジジイ~扱いをするな!」と言っておりましたが真剣に老眼鏡が無いとココ最近、字が見えなくて・・・そんな歳になってしまいました。さて!超~久々の書き込み御許し「転機」に付いて書きたいと思います。CR6の特色、特徴は今まで徐々に書いて来ましたが本日は更にCR6の特徴を御紹介しちゃいます。では写真を御覧下さい。

a0116525_1054479.jpg
写真1
写真の個体はレッドUPハンバーグを与え色揚げをした個体、尾びれの写真であります。御覧の通リ少々色揚げハンバーグを多く、長い期間与えますと皆さん御存知の通り尾びれにも色が付きます。次の写真を御覧下さい。





a0116525_1083826.jpg
写真2
写真の個体はCR6で色揚げをされた個体であります。如何でしょうか?尾びれに色は付いておりません。でも尾びれ付け根付近は、非常に濃いレッドカラーの発色、メリハリが御覧を頂けると思います。



一般的に個体の「色揚げ度」を見る部分は「尾びれ透明部分」にどの位、色が付いているかによって個体、個体の色揚げ度を見る部分ではないでしょうか?通常の色揚げ(レッドUPハンバーグ、その他色揚げ効果の乾燥フード)を与え、皆さんが期待されるボディーの発色迄、ガンガン色揚げのエサを与えますとボディーの色と同じ位、尾びれにも色が付いてしまいますが!CR6はバランス(CR6とハンバーグの量)が、がっちりと合うと写真2のようにほとんど尾びれには色が付か「自然な色、個体のポテンシャル」のように見える発色が出ます?出せます。「以前迄は色揚げがきつかったけど最近は、自然な色の個体になったね~」って思うブリーダーの個体はありませんでしょうか?確かに年々、改良が進み個体のポテンシャルは良くなっておりますが大方、ブリーダーがCR6のバランス、あんばいが解った為にココ数年はメリハリばっちり、尾びれにも色が付かない個体が多く出回るようになった訳であります。(注:全てのブリーダーではありません。一部のブリーダーです。)ではお次の写真を御覧下さい。

a0116525_10354623.jpg
当初、CR6の使用目的はスポット系ディスカスのスポット、メリハリを出させる為に使っておりましたがCR6の特徴、特色、ブリーダーも徐々に解ってまいりますとその他、品種にも使われ始めました。写真の個体は、レッドメロンとかマルボロと呼ばれております個体であります。ボディーは真っ赤なのに何故、顔が白いのか?次回はその辺りを書きたいと思います。
[PR]
by enbanclub | 2009-07-14 10:46 | 改良品種ディスカス
明日、14日(日)はディスクアローホビーストクラブディスカスコンテストです。
天気も良さそ~
明日は円盤倶楽部、臨時休業をさせて頂き東三河円盤会メンバーと視察?観察?(^^の為、会場に伺います。多分、今頃は最終的準備の真っ最中かな?
コンテストの模様は月曜日にでも茶論で御紹介をしたいと思います。
[PR]
by enbanclub | 2009-06-13 15:24 | 改良品種ディスカス

転機(その12)

昨日は定休日・・・
もっぱらココ最近(数年かな?)の定休日行動は1パターン。
午前中早く、円盤に入り水換え、餌やりそして図書館へ行っております。子供の頃の図書館と違って最近の図書館は凄いです。図書館でありながらDVDも見れ(勿論、殿方の喜ぶ??DVDはありません)1日中楽しめます。その後は自宅近くにありますスーパー銭湯に入り、帰宅しビールを飲んで一日終わり。こんな決まった定休日でありますがそれでも定休日前夜には「明日は何しよかぁ~?」と考えるのでありますが結局、毎週同じパターンですね~来週こそは?「そ~言えば来週の木曜日は楽熱の締切日だ・・・」多分来週も同じパターです。
さぁ~て、では、ではです!前回の続き「転機」に付いて書いちゃいましょう。

a0116525_12141742.jpg
写真NO1

「転機(その11)紹介写真」全く色揚げをしていない個体の写真です。ではこのように色揚げをしていない個体にもっとスポットメリハリを出し輸入個体のような「バッチリ、スポットメリハリ個体にするには?」と考えた場合、通常皆さんはアスタキサンチン入りハンバーグ(レッドUPハンバーグ)を与えスポットを出そうと思うはず?では、次の写真を御覧下さい。


a0116525_1220879.jpg
写真NO2

写真NO1同個体ではありませんがスネークスポット系個体「レッドUPハンバーグ」を1日2~3回、1週間前後与えた個体の写真です。色揚げを全くしていない個体写真NO1と比較してかなり良くなっているように見えます。でも輸入をされ来ますCR6色揚げ個体と比べてまだ赤味メリハリが弱い?って事で更に更にレッドUPハンバーグを与えますと・・・・・「ホリゾンタルライン発色は黒ずみ艶が無くなり、スポットがボディーカラーの赤に飲み込まれてスポット発色が見えなくなる。」と言う結果になるのでは?と思います。如何でしょうか?では次の写真を御覧下さい。

a0116525_12483983.jpg
写真NO3

CR6色揚げスネークスポット個体。(NO1,NO2とは別の個体)鮮やかなレッドカラー、そして艶々したホリゾンタルライン!結論です。通常のレッドUPハンバーグをどれでけ与えてもこのような個体にはなりません。何が違うのか?写真NO2をじっくりと見比べて下さい。解りましたかぁ???
ホリゾンタルライン発色の艶とキワを御覧下さい。この続きは次回に致します^^


*おまけの写真!

a0116525_1351230.jpg


この個体はスネークスキン個体です。スポットの血は入っておりません。CR6を使いますとスポットぽい発色を出す事が出来ます。
[PR]
by enbanclub | 2009-06-12 13:13 | 改良品種ディスカス

転機(その11)

東海地方も昨日、入梅したとの事!しばらくはジメジメとしたうっとうしい~日が続きそう~
この時期、店内冷房を入れるには少々早いし・・・終日店内は窓、入り口を全開にしておりますが先週より「蚊」も多くなりPC作業をしながらも「ぷ~~~~~ん!」の蚊の羽音と戦いながらアッチコッチ蚊に刺されながら仕事をしております。かゆくなければ血を吸うだけならナンボでもOKなんですがね。そ~言えば先週、SABBY便入荷時、ディスカスの温室「蚊取り線香を使ってもOKだった」とか「ベープマットはどう何だろ~?」「バルサンはど~かなぁ?」なぁ~ん話しが盛り上がりました。試された方是非教えて下さい。

さてです!本日は転機(その11)を書きますね。今まで過去「水についての番外編」円盤茶論内で書いた内容では余り反響もなかったんですが「CR6」の事ではかなりの方から御意見、反響がありました。中には「同業者」を名乗る(勿論、名前も名乗らず)人からも・・・「お前は何様だぁ~」と凄い剣幕で!!!
「俺・・・!俺は俺様だぁ~」とついつい売り言葉に買い言葉で言っちゃいました・・・
今更ではありますが今後も私の知っている事を小出し?にしながら書いて行きたいと思っております。では!本日は確信的な部分更にふかぁ~く「CR6」に付いてです。
ますは写真を見て下さい。

a0116525_1158711.jpg現在、スポット系ディスカスでは最高峰と言われるスネークスポット系ディスカス拡大写真です。拡大して改て見て見ると凄いですね・・・
A矢印部分は「オデコ」 B矢印部分は「エラブタ」です。本来この部分にはスポット発色が無い部分でありますがCR6とホリゾンタルラインの改良によって出来上がった発色です。後程、詳しくお話しを致します。ではお次の写真を見て下さい。


a0116525_12183567.jpg
ボディー拡大写真です。(先の写真同様スネークスポット系、CR6色揚げ個体ボディー部分拡大写真です)
C矢印部分を見て下さい。一見すると「鱗一枚一枚に発色をしたスポット」に見えますがCR6で色揚げをしないとライン発色部分です。次にD矢印を御覧下さい。この部分はCR6で色揚げをしなくてもスポット発色部分です。この個体に関して結論を言えば「CR6」で色揚げをしなければ背ビレ、尻ビレとボディーの60%前後はスポット発色の個体でありますがボディー中央を中心に40%はスネーク発色柄でスポット発色は全く無い個体です。その辺りもも後程詳しく。では次の写真を御覧下さい。

a0116525_1234685.jpg
写真の個体もスネークスポットディスカス、今から10数年前CR6を全く使っていない個体の写真です。(アスタキサンチンの色揚げも全く与えておりません)先に御紹介を致しましたCR6色揚げ個体を見た後ですから非常に地味に見えるのでは?ないでしょうか。矢印E部分を御覧下さい。ホリゾンタル発色は「まる」に見えますよね?この部分が赤色であればスポットに見えますが・・・・・通常のアスタキサンチンの色揚げでは先に御紹介を致しましたCR6色揚げ個体のようなメリハリバッチリなスポット(矢印E部分)にはなりません。
「何で~~~?」この続きは次回に書きます。では!
[PR]
by enbanclub | 2009-06-10 12:55 | 改良品種ディスカス

転機(その10)

転機シリーズもかなかり御無沙汰であります。
ヨタ話し?記事も良いが・・・って方の声もそろそろ届いて来そうであります。
本日は転機(その10)を書きたいと思います。

「ズバリ!究極の色揚げに付いてです!」

「ディスカスの歴史は色揚げの歴史」と称して今まで書いてまいりました。(全てのディスカスではありません)某業者の方から「そんな事、言っちゃうと大変な事に・・・」と言われたような言われないような?でありますが以前から申し上げているようにホビーストの皆さんは既にそんな事は承知の事実と?ではないでしょうか。(知らないと思っているのは業者だけですね・・・)正直な所、現在出回っておりますスポット系ディスカスにはかなりの確立でホルモン系色揚げが施されております。でなければ5cmにも満たない幼魚に全身スポットバキバキ、メリハリバッチリの発色が出る訳が無い!(スポット系をブリードされた方なら解ると思います。)特にココ数年スポット系ディスカスの価格の低下、一見すると「クオリティーのUP?」と思えるスポット系ディスカスが普通に見る事が出来るようになったのは今からお話しを致します「魔法の色揚げ剤」が使われ始めてからであると思います。因みにこの方法を行えばブリードを行っておられる皆さんのスポットディスカスも輸入される幼魚で全身フルスポット、メリハリバッチリのディスカスを簡単に作る事が出来ます。ではまずは写真を御覧下さい。

a0116525_14383453.jpg

御存知スネークスポット系ディスカスです。全身「これでもかぁ~って」程に超細かなスポットが万遍なく発色をしております・・・???
「この個体、色揚げ1週間~10日前迄は普通のスネークスポット個体」と言ったら皆さん信じるかな?(色揚げ前の写真が手元に無いので照らし合わせて見てもらえないですが)色揚げ前はボディーカラーはグレーに近く、スポット発色も数えれる程、勿論メリハリも全くありません。ではどのような色揚げをすれば?

それは「CR6」を使います!

現在、スポット発色を出すにはほとんどこのCR6が使われております。(全てのブリーダーではありませんm(_ _)m)CR6なる物をお初に目にしCR6で色揚げをされた個体を見たのは10年程前の事ですが、当時は極、極、極1部のブリーダーのみ極秘で使っておりましたが現在ではかなりのブリーダーが使っている為に先のお話の通リ普通に幼魚期フルスポット個体を見る事が出来るようになったのであります。CR6を混ぜたハンバーグを1日、2~3回、3~4日日間、色揚げをしたい個体に与えれば誰でも手軽に?幼魚期からフルスポットの個体は作る事が出来ます。 
(*CR6は日本では手に入りません)
次回は「どうしてエラブタやオデコに迄スポット発色が出るの?」に付いて書きたいと思います。
[PR]
by enbanclub | 2009-06-03 15:25 | 改良品種ディスカス

転機(その9)

GW連休最後(カレンダーでは)の日、少々時間が取れました。
そろそろ「転機」の続きを書かねば・・・
今週末にはSABBY便入荷、入荷となれば準備、入荷後の写真UPとコレマタかなり忙しくなって来ますから今の内に円盤茶論を書いておかねばです!えぇ~さてさて・・・

前回の続き、オニテナガエビの卵を与えたら?って事の続きです。
前回「転機(その5)」で書きましたが強烈な悪臭を放っておりましたオニテナガビの卵であります。凍った卵の塊りを触りますと「ネチャネチャ」とした触り心地で悪臭を我慢してじっくりと卵を見ても1粒1粒がほとんど見えませんでした。それじぁ~って事で卵の破片をコップに入れた水に溶かしても卵の形見えずそのほとんどが潰れ変形をした形でありました。卵の大きさは「ゴマ」の半分位であったと記憶をしております。色でありますがほんの少しばかり黒くした黄色っぽい色。前回書きましたが今思えば少々腐敗をしていたと思いますが、当時は「そんなもんだぁ~」程度しか思っておらずそれにも増して卵を手に入れた事だけで満足でありました。さぁ~!いよいよディスカスに与える時です。サイコロ大に包丁で切り水槽に入れました。匂いの為か?ファームで食べ慣れた味の為でしょうか、入れた瞬間から気持ちの良い程に爆食爆食です。
ただです!卵を食べながらエラから口から真っ白な液体がドバドバと吐き出しサイコロ大の卵の塊りを2~3個水槽に入れた頃には水槽内が真っ白となりそしてあの強烈な悪臭が部屋全体に広がり想像を絶する匂い。臭ささに耐えながら日に何回も何回も卵を与え(当然その都度水換え)「早く早く赤くなぁ~れ」と・・・でもです。私は我慢出来る?匂いも家族からは相当に嫌がられ流石にこのままではアカンと思いましたが思うだけで・・・^^今、思えば迷惑な事であります。そのなこんなであの強烈な悪臭にも慣れた頃にはファームに居る頃の眩い程のRRB(レッドロイヤルブルー)カラーへと変身致しました。めでたしめでたしm(_ _)m

次回はいよいよ!円盤劇場「男の職場」を書きたいと思います。八矢殿お待たせを致しました。



a0116525_13523459.jpg





WR14XWR56S レッドダイヤモンドXスーパージャガー
[PR]
by enbanclub | 2009-05-06 14:47 | 改良品種ディスカス