円盤親父の言いたい放題


by enbanclub
カレンダー

2009年 04月 20日 ( 1 )

転機(その5)

皆さぁ~ん「オタマ?すいません!オマタ」です。本日は接客に追われましてこの時間となってしまいました。「まっ!今日はパスしようかな?」なぁ~~~んて気が無かった訳でも無いのでありますがが一応皆勤賞狙いと今まで頑張って来ただけに本日も早速書き込みをしたいと思います。
お題「転機」の時はマジキャラで書かねばと一応、私なりにキャラを演じ分けて来ましたが本日の書き込みキャラが色ボケ変体親父キャラで書いてしまった建て前上、このノリで行きたいと思います。ディスカスの歴史は色揚げの歴史として前回はレッドロイヤルブルーを御紹介を致しましたがコメのお返事に書きました「オニテナガエビ」に付いて少々書き込みをしたいと思います。現在でありますとディスカスの主食と言えばディスカスハンバーグ、各お店オリジナルのハンバーグもありまして育成用、虫下し、色揚げ用と色々あります。保存管理もし易く昔では考えられない程に良い時代あります。当時(今から20数年前迄は)と言えば主にアカゴ(豊橋ではイトメの事をそ~呼びます)がメインでありました。イトメを与えた方なら解ると思いますが非常にストックするに手間がかかり又、見た目も?であって触る事にも少々抵抗を感じた方もあったのでは?と思います。沢山、買っても与える量より死んじゃう量のほうが多くほとんど毎日に近いぐらいショップに行っていたのが懐かしい。そんな時代にレッドロイヤルブルーのあの強烈な発色ディスカスが来ちゃったもんだからさぁ~大変です。「オニテナガエビの卵とは何ぞや?」「甘エビの卵ではダメなのか?」実際に甘エビの卵を与えた事もありましたが・・・
それからしばらくを致しますと当時(それ以前にも発売をしていたかな?)2社から「クリル」が発売をされ(確かT社クリルは後であったと記憶しております)良く当時の某熱帯魚月刊誌にはこれ見よがしにディスカスがクリルを突いている宣伝広告が載っておりました。
でもでもです!「クリルでは色が赤くならない!」赤と言うより「オレンジ!」ショップに入荷直後のあの綺麗なピンクレッドにはならないのです。「やっぱりオニテナガエビしかない!」探しました探しました~~~某熱帯魚月間誌に載っておりますショップさんに手当たり次第に電話を致しましたが全て「ありません」の一言!やっぱり無理か?と諦めていた頃であります。当時頻繁にお邪魔しておりました(イトメを買いに行っていたお店)ショップが奇跡的に探してくれました。念願の「オ・ニ・テ・ナ・ガ・エビ~の卵」感動しちゃいましたよ~!(でもかなり高かった)
当然、冷凍状態で大きさはレンガの半分位の大きさでしたね~ ただ、例えようの無い程、強烈に臭いく「これって腐ってないか?」(もしかしたら腐っていたかも?)超~臭いオニテナガエビの卵を包丁で少しづつ・・・

この続きは次回に致します!「ばかやろ~中途半端に終わるな~」ってお叱りの声が・・・

a0116525_20483025.jpg




現在では「ブルーキング」の名前で色々なブリーダーから出ておりますが写真の個体はトンファーム「ブルーキング」であります。今では中々お目にかかれない個体です。
[PR]
by enbanclub | 2009-04-20 20:55 | 改良品種ディスカス